ホーム > 三面・事件 > 水たまりで皿洗い、人気インド食堂が営業停止処分に

水たまりで皿洗い、人気インド食堂が営業停止処分に

2018年06月09日 07:11 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 クアラルンプール(KL)市バングサにある人気インド料理食堂の裏手で皿を道端の水たまりで洗っている様子を撮影した動画が拡散。驚きの声と共に非難の声が殺到している。

 問題の食堂はジャラン・テラウィにある「ラージズ・バナナリーフ・レストラン」で、バイクの通行人が撮影したとされる30秒ほどの動画には3人の従業員が店の裏手で、残飯が混ざって黄色く濁った水たまりの水で皿を漱いでいる様子が映っている。

 KL市政府(DBKL)と連邦直轄地保健局は5月30日、レストランを捜索。衛生基準に違反しているとして営業停止処分を科した。経営者は刑事訴追される見通しだ。

 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。