ホーム > 三面・事件 > イワシ缶詰から線虫発見、合計8ブランドを販売禁止に

イワシ缶詰から線虫発見、合計8ブランドを販売禁止に

2018年07月07日 07:50 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 複数の輸入魚缶から寄生虫が発見された問題で、保健省は6月28日、さらに6ブランドの魚缶についても販売を追加禁止すると発表した。

 追加で販売が禁止されたのは▽Cinta▽Sea Fresh▽HS Brand▽King Cup▽Star▽TC Boy——の6ブランド。

 マレーシア検疫サービス局は今年に入って、ペナン港に陸揚げされた中国製イワシ缶のサンプル調査を行なったところ死んだアニサキス線虫が発見されたと発表した。これを受けて保健省は4月、TL Tan Lung及びTCLの2ブランドの輸入販売を禁止すると発表。他のブランドのイワシとサバの缶詰の検査も実施していた。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。