ホーム > 経済 > プロドゥアの自動車販売台数、上半期は17.5%増加

プロドゥアの自動車販売台数、上半期は17.5%増加

2018年08月02日 20:50 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ダイハツ系のプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は、今年上半期の自動車販売数が17.5%増加し11万7,100台となったと発表した。市場シェアは前年同期の35%から40.4%に拡大した。 

 車種別の内訳は「マイヴィ」が4万6,860台、「アジア」が3万3,870台、「ベザ」が2万3,555台、「アルザ」が1万2,815台だった。

 2日に開催された2018年上半期発表記者会見でアミナル・ラシド・サレー社長兼最高経営責任者(CEO)は、販売台数が増加したことについて、昨年11月に発表した新型「マイヴィ」の需要が高かったことや、6月に物品・サービス税(GST)の税率がゼロとなったことが奏功したと説明した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。