ホーム > 統計・調査, 観光・イベント > 長期滞在ビザのMM2H、今年の申請承認は2千件以上に

長期滞在ビザのMM2H、今年の申請承認は2千件以上に

2018年08月10日 20:26 JST配信

【クアラルンプール】 観光芸術文化省は今年、マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)ビザの申請承認数が2,000件を超えると予想している。今年は6月時点で1,009件の申請が承認された。

 MM2Hプログラムからは今年、ビザの申請手数料など750万リンギの収入を見込んでいる。今年6月末時点では650万リンギの収入となっている。

 観光芸術文化省は、退職者など富裕層のMM2Hプログラムの参加を増やすことを目指している。タイやインドネシアなどの隣国も同様のプログラムを実施しており、マレーシアのセカンドホーム先としての競争力を高める必要があるとの考えだ。

 2017年のMM2Hの申請承認数は6,195件となった。観光芸術文化省などが実施するプロモーションが奏功した。

関連カテゴリ: 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。