ホーム > 観光・イベント > イスラム準拠のボディビル大会、クランタン州が開催へ

イスラム準拠のボディビル大会、クランタン州が開催へ

2018年09月27日 07:34 JST配信

【コタバル】 イスラム原理主義政党、汎マレーシア・イスラム党(PAS)が政権を握るクランタン州政府は、シャリア(イスラム法)準拠のボディービルディング大会を10月13日に開催すると発表した。

 開催地はペラ・ジュビリー・ホールで、すでに50人が出場登録を行なっている。同州青年スポーツ非政府組織委員会のワン・ロスラン議長によると、通常のボディービル大会と異なり、イスラム教義に準拠して腹部から膝下まで露出しないユニフォームを着用するという。

 4部門の入賞者には賞金やトロフィのほか、イスラム色の強い同州らしくクリス(短剣)が授与される。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、9月21日、ベルナマ通信、9月20日)

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。