ホーム > 社会・生活 > ペナン州、来年から戸建て住宅でゴミ分別を完全実施

ペナン州、来年から戸建て住宅でゴミ分別を完全実施

2018年09月30日 07:37 JST配信

【ペナン】 ペナン州の戸建て住宅の住民は、家庭ゴミの分別を行なわなかった場合、来年1月1日から罰金が科される。家庭ゴミのリサイクル活動を推進するのが狙い。同州住宅都市計画自治体委員会のジャグディープ・シン・デオ議長が明らかにした。

 リサイクルゴミと非リサイクルゴミの二分別制度は2017年6月に導入されたが、これまでは違反者への罰則はなかった。罰金額は250リンギで、罰金を滞納した場合は2,000リンギ以下の罰金、もしくは1年以下の禁固刑が科される。

 同州は高層住宅や商業施設、飲食店、工場について、2016年6月からゴミ分別を開始。今年6月から8月にかけて329トンのリサイクルを実施し、8万リンギの収益を得た。

(ザ・スター、9月20日)

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。