ホーム > 三面・事件, 政治・外交 > ザヒド前副首相を起訴、背任など45の罪状で

ザヒド前副首相を起訴、背任など45の罪状で

2018年10月19日 16:58 JST配信

【クアラルンプール】 野党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)総裁のアハマド・ザヒド・ハミディ前副首相が19日、背任やマネーロンダリング法違反など45の罪状で起訴された。

 ザヒド氏はこれまで5回にわたってマレーシア汚職摘発委員会(MACC)より任意で事情聴取を受けており、6回目となる18日の聴取後に逮捕されていた。

 ザヒド氏が問われている罪状は「刑法」第409条違反(背任罪)で10件、「2009年MACC法」第16条違反で8件、「2001年反マネーロンダリング(資金洗浄)・反テロ資金不法行為幇助法」第4条違反で27件の合計45件。

関連カテゴリ: 三面・事件, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。