ホーム > 経済, 日本関係 > 装置メーカーの渋谷工業、マレーシア法人をペナンに設立

装置メーカーの渋谷工業、マレーシア法人をペナンに設立

2018年11月08日 18:38 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 装置メーカー、渋谷工業(本社・石川県金沢市)は7日、マレーシア法人、シブヤ・カイジョー(マレーシア)をペナン州バヤンレパスに設立したと発表した。10月1日からすでに営業を開始している。

 資本金は100万リンギ。グループ企業であるシブヤ・カイジョーが製造するワイヤボンダー製品の据付サポート、改造工事などのカスタマーサポート、営業サポートを行う。ワイヤボンダーは、半導体などの電極を極細の金属ワイヤーで電気的に接続する製造機械。

 マレーシア近隣地域は電子部品メーカーの工場が多くあり、シブヤ・カイジョーが多くのワイヤボンダー納入していることから、これらの営業・サービス強化のためマレーシア法人の設立が必要と判断した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。