ホーム > 三面・事件 > 「チェンドル」はシンガポールのデザート?愛国者が怒り

「チェンドル」はシンガポールのデザート?愛国者が怒り

2018年12月13日 07:46 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 米CNNネット版が報じた「世界のベスト・スイーツ50」で「チェンドル」をシンガポールのデザートだと紹介し、一部のマレーシア人愛国ネチズンの怒りを買っている。

 CNNは「シンガポールの地元の人々はこの冷たくシルキーな甘さのチェンドルで涼をとる。(中略)この華麗なデザートは東南アジア全域で見られるが、甘い小豆を加えたことでシンガポールのこの伝統的なデザートは特に魅力的だ」と紹介した。

 これに対し愛国心旺盛のマレーシア人ネチズンからは「チェンドルの甘みの元であるパームシュガーはどこから来ているかシンガポールに聞いてみろ」などとCNNに対する批判の声が上がっている。一方、「東南アジアには似たようなものがある。チェンドルをマレーシア発祥という根拠は?」、「ジャワじゃないのか?」といった疑問の声や、日本の天婦羅を例に挙げて「料理の起源を云々するのは愚かしい」とたしなめる声も上がっている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。