ホーム > 経済 > マレーシア産ココナッツ、インドネシア産に押され危機

マレーシア産ココナッツ、インドネシア産に押され危機

2019年01月06日 07:47 JST配信

【ジョージタウン】 マレーシア産ココナッツは一個当たりの市場価格が1.20—1.50リンギほどで、最安で0.55リンギほどと半額以下のインドネシア産ココナッツに駆逐されているという。ある生産者は、例年の35万個から3分の1の10万—12万個しか売れず大量の在庫を抱えていると嘆いている。

 国産ココナッツからとれるココナッツミルクは濃厚で香りがよく、インドネシア産より品質がいいとされるが、圧倒的な価格差のためにコスト割れし、廃棄する事態となっているという。業者によると、1トンもしくは1,000個のココナッツを輸入するとたった550リンギで済む。地元産のココナッツミルクは1キログラム9リンギだが、インドネシア産は水っぽいものの5リンギと安い。低品質でも顧客はあまり気にしていないという。

 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。