ホーム > 経済, 日本関係 > プロドゥア、初のSUV「アルス」発表

プロドゥア、初のSUV「アルス」発表

2019年01月17日 18:47 JST配信

【クアラルンプール】 ダイハツ系プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は15日、同社初となるコンパクトSUV、「アルス」を発表した。1月3日から受付開始した予約はすでに2,200台に達している。

 ベース車両は、2017年11月にインドネシアでフルモデルチェンジした「テリオス」で、内外装デザインや室内のユーティリティ装備などはマレーシア市場のニーズを反映したものとなっている。

 座席は3列・7人乗りで、2、3列目の座席の柔軟なレイアウトにより多くの用途に適応できるようにした。デュアルVVT-iを搭載した排気量1.5リットル4気筒アルミニウム・エンジンを搭載し、マレーシアの低燃費自動車(EEV)政策に適合する1リットル当たり15.6キロメートルのクラス最高水準の燃費を実現した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。