ホーム > 三面・事件 > ペナンヒルのケーブルカー、4月から国民向け運賃を値上げ

ペナンヒルのケーブルカー、4月から国民向け運賃を値上げ

2019年02月10日 12:50 JST配信

【ジョージタウン】 ペナン・ヒル・コーポレーションは、4月1日付けでケーブルカーの国民向け片道運賃を1リンギ引き上げて6リンギにすると発表した。

 対象はマレーシアの多機能身分証カード「MyKad」保持者及びその配偶者と子供、ペナン・ヒルで働く外国人労働者。最後に値上げされたのは2015年で、それ以降は3年以上時わたって据え置かれていた。

 月間パスは40リンギ、外国人観光客向け片道運賃15リンギ、サンライズ(午前6時半—8時45分)及びサンセット(午後7時半—9時45分)の片道優待運賃3.50リンギはそれぞれ据え置く。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、ベルナマ通信、2月1日)

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。