ホーム > 経済 > プロトン、パキスタンで「サガ」を生産へ

プロトン、パキスタンで「サガ」を生産へ

2019年03月26日 19:08 JST配信

【イスラマバード】 国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは、パキスタンにおいて2020年6月までに「サガ」 の生産を開始する。マレーシア国外で初めての自動車生産となる。
 パキスタンを訪問したマハティール・モハマド首相は22日、パキスタンーマレーシア・ビジネス・フォーラムに出席し、イムラン・カーン首相との間で、プロトンとアルハジ・オートモティブ・グループとの合弁事業に向けて契約を締結した。
 工場を設立するのはカラチで、投資額は3,000万米ドル(1億2,190万リンギ)。工場の稼働開始は2020年年末を予定している。年間2万5,000台を生産することを目標としている。工場稼働から3年以内に2,000人を雇用する予定だ。将来的には非直接雇用を合わせて2万人以上の雇用創出が見込まれている。 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。