ホーム > 経済 > KL—星高速鉄道、コスト削減検討に向けコンサルを指名へ

KL—星高速鉄道、コスト削減検討に向けコンサルを指名へ

2019年04月09日 20:40 JST配信

【クアラルンプール】 クアラルンプール(KL)―シンガポール間の高速鉄道(HSR)事業を推進するMyHSRコーポレーションは、建設コスト削減オプションの技術的側面を検討するためのテクニカルアドバイザリーコンサルタント(TAC)を指名する方針だ。

 MyHSRが8日に発表した声明によると、TACはマレーシア国内で計画されている線形、駅、保守施設などのインフラ資産を見直し検証する。地形調査データ、土壌調査、地盤状況評価などのデータ収集活動も含まれる予定。TACの入札は2020年5月31日までの中断期間中に行う方針だ。

 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。