ホーム > 政治・外交 > 下院サンダカン選挙区補選公示、5人が立候補

下院サンダカン選挙区補選公示、5人が立候補

2019年05月01日 07:52 JST配信

【サンダカン=マレーシアBIZナビ】 議員死去に伴う下院サバ州サンダカン選挙区の補欠選挙の公示が27日にあり、5人が立候補を届け出た。 
 同補選は、与党連合・希望同盟(PH)構成党・民主行動党(DAP)支部長のスティーブン・ウォン・ティエンファット氏が3月28日に心臓病で死去したことに伴うもの。DAPはPHの支援の下で故スティーブン氏の娘で秘書を務めていたビビアン・ウォン・シアイー氏(30)を擁立。弔い合戦との位置づけで議席の維持を目指す。 
 ビビアン氏に対抗するのは、総選挙後に結成した同州与党連合・サバ統一連合(GBS)は、構成党であるサバ統一党(PBS)のリンダ・ツェン・タウリン氏(63)を擁立。議席奪取を目指す。 

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。