ホーム > 政治・外交 > 下院サンダカン補選、与党連合の候補が圧勝

下院サンダカン補選、与党連合の候補が圧勝

2019年05月14日 17:36 JST配信

【サンダカン=マレーシアBIZナビ】 議員死去に伴う下院サバ州サンダカン選挙区の補欠選挙の投開票が11日に行なわれ、与党連合・希望同盟(PH)が擁立したビビアン・ウォン・シアイー氏(30、民主行動党=DAP所属)が1万6,012票を獲得し、75%の得票率で圧勝した。 

 ビビアン氏は3月28日に心臓病で死去した現職のスティーブン・ウォン・ティエンファット氏の娘で、スティーブン氏の秘書を務めていた。華人人口が51%と多くDAPの強固な地盤であることに加え、ビビアン氏への同情票、同州与党・サバ遺産党(ワリサン)によるマレー有権者の取り込み支援が地滑り的勝利につながった。 

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。