ホーム > 政治・外交 > 債務管理オフィスを設置、10人の委員で財政を監督

債務管理オフィスを設置、10人の委員で財政を監督

2019年05月18日 07:58 JST配信

【プトラジャヤ】 連邦政府は15日、国家財政を監督するための新たな組織、債務管理オフィス(DMO)の設置を宣言。リム・グアンエン財務相を座長とする10人の委員を発表した。DMO設置は、昨年11月に発表された今年度予算案に盛り込まれていた。

 委員はリム財務相以下、▽イスマイル・バカル政府官房長官▽アハマド・バドリ財務省事務次官▽サイフル・アヌアル経済問題担当省事務次官▽ノル・シャムシア中央銀行バンク・ネガラ総裁▽サイド・ザイド証券委員会(SC)会長▽ゼティ・アクタル・アジズPNBグループ会長▽サアト・エサ会計検査院院長▽モハマド・ファイズPwCマレーシア会長▽ムハンマド・アブドル・カリド首相経済顧問——で構成される。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。