ホーム > 三面・事件 > 道路名の綴りを復元へ=ペナン州

道路名の綴りを復元へ=ペナン州

2019年05月20日 07:03 JST配信

【ジョージタウン 】 旧表記と新表記が混在するとの指摘が多かったペナン州の道路名について、州政府は元の名称に戻して統一する方針を固めた。同州最高評議会(国政の内閣に相当)のザイリル・キル・ジョハリ議員が明らかにした。

 「アイルイタム」については「Air Itam」から「Ayer Itam」に戻す。また人名が冠されたものはその人名の正しい綴りに従うことになるため、「Abu Siti Lane」は「Aboo Sittee Lane」に戻す。地名は30年以上までにマレー語の標準化に伴い、綴りがそれまでのものから変更されていたが、人名などの綴り変更には異論も多かった。

 綴りの他にも歴史性を尊重すべきとの考えから歴史的名称に戻すべきとの要望も関係先から上がっており、現「チョン・ファッズ(Cheong Fatt Sze)ストリート」は「ホンコン・ストリート」に戻すべきとの提案が浮上しているという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。