ホーム > 経済 > プロトン、2019年版「イゾラ」を発表

プロトン、2019年版「イゾラ」を発表

2019年05月30日 16:23 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは28日、2019年版の多目的車(MPV)「イゾラ」(排気量1.6リットル)を発表した。「イゾラ」の改良版発表は、2009年に発売されて以来これで3度目。前モデルより価格を大幅に引き下げた。

 内装デザインを変更したほか、プロトンと資本提携する吉利汽車のインテリジェント・コックピット・インフォメーション・システム(GKUI)を搭載した7インチのタッチスクリーンディスプレイ、4Gインターネット接続をサポートする「Hi Proton」ボイスコマンドシステムなどを装備した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。