ホーム > 統計・調査 > 世界競争力ランキング、マレーシアは22位を維持

世界競争力ランキング、マレーシアは22位を維持

2019年06月04日 07:34 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】  スイスのビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)は、「2019年世界競争力年鑑」を発表。マレーシアは調査対象63カ国・地域のうち22位となり、前年と変わらなかった。

 同ランキングは、雇用や国内総生産(GDP)の統計など昨年に収集された「ハードデータ」や、企業幹部を対象にした調査に基づき235項目で評価したもの。

 トップはシンガポールで、2位以下は香港、米国、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)の順となった。最下位はベネズエラだった。 日本は30位で、昨年から5ランクダウンした。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。