ホーム > 三面・事件 > ドリアンを武器として使用、セレンバンで強盗

ドリアンを武器として使用、セレンバンで強盗

2019年07月07日 07:44 JST配信

【セレンバン】 ネグリ・センビラン州セレンバンで6月28日午前10時45分ごろ、ドリアンを武器に使う新手の強盗事件が発生した。

 事件があったのは商店が並ぶジャラン・テミアンの「中国報」支社横から入った路地で、停めた車の助手席に座っていた華人女性(59)がインド系の2人組の男に襲われ、車外に引きずり出された。若い男がハサミを突きつけて脅し、中年の男がドリアンの実を振り上げて威嚇したという。

 中年の男は犯行後、ドリアンの実を地面に放り投げて若い男と共にバイクに乗って逃げた。運転席に乗っていた姉が車を降りて雨傘で助けようとしたが強盗を阻止できず、女性は700リンギ相当の金品の入ったバッグを奪われ、擦り傷を負った。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。