ホーム > 社会・生活, 政治・外交 > 同性愛動画拡散、関与主張するハジク氏らを再逮捕

同性愛動画拡散、関与主張するハジク氏らを再逮捕

2019年07月16日 19:22 JST配信

アズミン・アリ経済問題担当相に似た男性が映っている同性愛行為を盗撮した動画が拡散した事件で、警察は動画に映っているもう一人の男性だと自称するムハンマド・ハジク・アジズ氏を14日に再逮捕した。また事件に関係したとみられる5人も同日逮捕した。 

これに先立ってアズミン氏は動画がフェイクであり、自分を誹謗中傷するものだとして警察に被害届を出しており、警察が捜査に乗り出していた。6人は「1998年通信マルチメディア法」第233条(他人の迷惑、虐待、脅迫または嫌がらせを意図して故意にネットワークサービスまたはアプリケーションサービスを利用、作成、作成または勧誘および送信する行為)及び「刑法」第377条B(不自然な性行為)違反の容疑がもたれている。ハジク容疑者は6月14日にいったん逮捕されたが、翌日釈放されていた。 

問題の動画は6月10日ごろから拡散し始め、12日になってハジク氏が動画の人物だと名乗り出て動画が本物であると証言。アズミン氏らはこれを真っ向から否定し、アズミン氏やPKRを貶めるために偽造されたものとし、与党連合・希望同盟(PH)内部の者が関与していると主張していた。 

関連カテゴリ: 社会・生活, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。