ホーム > 経済, 日本関係 > ベルジャヤ、スズキ自動車と販売代理店契約を締結か

ベルジャヤ、スズキ自動車と販売代理店契約を締結か

2019年07月22日 20:24 JST配信

ベルジャヤ・グループが近く、スズキ自動車と販売代理店契約を締結する見通しだ。消息筋の話として「ニュー・ストレーツ・タイムズ」が報じた。実現すればスズキは3年ぶりのマレーシア再上陸となる。8月初めにも日本で契約を結ぶ見通しだという。

スズキはDRBハイコムとの合弁会社、スズキ・マレーシアを通じてマレーシアに進出したが、販売低迷のため2015年にマレーシアでの自動車販売及び生産を停止。スズキの販売店をプロトンの販売店に転換した。代わりにDRB子会社であった国民車メーカー、プロトン・ホールディングスへのスズキ自動車のリバッジモデル「エルティガ」向け部品供給を開始したが、「エルティガ」販売は振るわなかった。

ベルジャヤ・グループはすでに合弁会社ベルマツ・オートを通じてマツダ車を販売していただけに、スズキ自動車販売については、サイムダービーなどの企業グループが優位だと見られていた。 

ニュー・ストレーツ・タイムズ

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。