ホーム > 経済, 政治・外交, 統計・調査 > 年初5カ月の財政赤字、39%縮小の214億リンギに

年初5カ月の財政赤字、39%縮小の214億リンギに

2019年07月25日 19:34 JST配信

リム・グアンエン財務相は、今年1−5カ月の財政赤字について、前年同期の350億リンギから、39%縮小し214億リンギになったと明らかにした。 
 今年の予算では2,599億リンギを一般歳出に割り当てているが、年初5カ月で41%に当たる1,065億リンギを拠出した。1ー5カ月の開発支出は203億リンギで、前年同期比で13%増加した。 

リム大臣は、一般公開入札やゼロベース予算を実施したことで、支出を抑えたと明らかにした。財政健全化は格付けのフィッチ・レーティングスやS&Pグローバルにも評価されているが、今後も補助金法案なども慎重に検討し、支出を管理していくと言明。財政赤字を対国内総生産(GDP)比で3.4%とする目標を掲げているが、達成することができると見込んでおり、経常収支についても黒字の状態を維持していくと述べた。 

一方で米中貿易摩擦がなければ、政府は2020年までに財政赤字をGDP比3%まで引き下げることができたと予想。2020年にかけてマレーシア経済は成長を続けると述べた。 

ベルナマ通信

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。