ホーム > 社会・生活, 経済 > 「レクシスハイビスカス2」をPDで開発、2024年に完成

「レクシスハイビスカス2」をPDで開発、2024年に完成

2019年07月29日 19:42 JST配信

クアラルンプール・メトロ・グループ(KLメトロ)は、ネグリ・センビラン州ポートディクソンにおいて、5つ星の水上リゾート「レクシス・ハイビスカス2」を開発すると発表。2024年の完成を予定している。 

マット・ハッサン・エサ会長によると、ネグリ・センビラン州政府傘下のネグリ・センビラン・メンテリ・ベサルと協働で開発する。「レクシス・ハイビスカス」の隣で建設する予定だ。総開発価値(GDV)は5億リンギ。 プール付きのヴィラが760棟開発される。うち水上ヴィラが582棟、スカイプール付ヴィラが178軒棟となる。3,000人分の雇用の創出が見込まれている。 

「レクシス・ハイビスカス2」の開発により、年間40万人がポートディクソンを訪れることになると期待されている。1泊の宿泊料金は600リンギで、年間の観光収入は2億4,000万リンギとなる見込みだ。 

既存の「レクシス・ハイビスカス」は2015年にオープン。522棟の水上ヴィラ、117棟のスカイプール付きヴィラがあり、最も多くの水上ヴィラがあるリゾートとしてギネス世界記録を保持している。 

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。