ホーム > 日本関係 > 損害車販売のはなまる、マレーシアで現地法人を設立

損害車販売のはなまる、マレーシアで現地法人を設立

2019年08月02日 12:23 JST配信

はなまる(本社・大阪府大阪市)は1日、クアラルンプールに現地法人、ハナマル・オート・トレーディングを今年6月に設立したと発表。資本金は100万リンギ。損害車の買取・販売事業を開始したことを明らかにした。損害車専門のインターネットオートオークションを行う。 

近年のマレーシアでは人口・自動車保有台数ともに増加傾向にあり、今後ますます自動車需要が高まると予想されている。その一方で、事故車輌における処分の健全化や部品再利用・資源回収が課題となっている。はなまるは、日本において20年以上事故車輌の取り扱いを行ってきたノウハウを生かし、現地のビジネスパートナーとともに事業に取り組む。 

はなまるは声明の中で、「損害車輌の適切な処分・再利用を通じて、循環型社会の実現とマレーシアにおける経済発展の貢献を目指す」としている。 

関連カテゴリ: 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。