ホーム > 社会・生活, 経済 > リンギ相場、アナリストは約10センの値上がりを予想 1米ドル=3.15−3.30

リンギ相場、アナリストは約10センの値上がりを予想 1米ドル=3.15−3.30

2012年06月27日 09:47 JST配信

【ペタリンジャヤ】 リンギ相場の年内の動きについて、アナリスト、ストラテジストの見方はまちまちだ。ただ、不透明な内外情勢が影響するとの認識では一致している。
アライアンス・リサーチのマノカラン氏は「投資家の関心は、ユーロ圏の危機対策や、中国、インド経済の減速に向いている。短期的に相場は変動が激しい」とし、1米ドル=3.25−3.30リンギの予想を示した。
第4四半期に国内経済が持ち直すと想定して、年末の相場は同3.15−3.20リンギを予想している。
外為ストラテジストの年末の相場予想は同3.25−3.30リンギで、メイバンク・インベストメント・バンクは、原油価格の下落、政府系企業による対外投資などを理由に、米ドルの値上がりを予想している。
ソシエテ・ジェネラルのストラテジストは、経済成長を優先するため、中央銀行はリンギ安を容認するとの意見だ。

ザ・スター、6月26日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。