ホーム > 経済 > 単車配車サービスのゴジェック、青年スポーツ相が誘致に意欲

単車配車サービスのゴジェック、青年スポーツ相が誘致に意欲

2019年08月21日 19:40 JST配信

サイド・サディク青年スポーツ相が、インドネシア発の、オートバイを利用した配車サービス、ゴジェックのマレーシア参入に意欲を示しており、19日、アンソニー・ローク運輸相に同席を求めた上でゴジェック創業者のナディム・マカリム氏をマハティール・モハマド首相に紹介した。 

マレーシアでかつて、デゴ・ライドというオートバイを利用した配車サービスが2016年後半に興されたが、前政権が17年1月、不法ビジネスと認定したいきさつがある。 

サイド・サディク氏は、誰もが参入できる新たな産業を振興するのが目的で、競争を導入するため1社独占にはしないと述べた。 

ローク氏は、サイド・サディク氏の提案は若者に就業機会を与える狙いがあるが、担当省である運輸省として安全、運営面を検討すると述べた。ローク氏は昨年9月、オートバイによる配車サービスは事故の可能性が高いとし、容認する考えのないことを表明していた。 

(ザ・スター、8月21日、ベルナマ通信、8月20日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。