ホーム > 社会・生活, 経済 > イオンビッグがオンライン販売開始、ショッピーと提携

イオンビッグがオンライン販売開始、ショッピーと提携

2019年08月29日 19:08 JST配信

イオン系のディスカウントストア、イオンビッグは、シンガポールの電子商取引(eコマース)プラットフォームを運営するショッピー(Shopee)と提携し、オンライン販売を開始する。イオンビッグでは、店舗のないクランタン州、トレンガヌ州、サバ州、サラワク州や遠隔地の消費者が気軽に購入できるようになることで販路が拡大すると期待している。 

首都圏クランバレーでは、ショッピーが開始した「ショッピー24エクスプレス・デリバリー(ショッピー24)」による速達サービスが受けられる。「ショッピー24」では日曜・祝祭日を除き午後2時までに注文すれば原則翌日配送する。配送できなかった場合には次回の 配送料金を免除とする。金曜午後2時—土曜午後2時までの注文は、原則月曜日配送となる。 

ショッピー・マレーシアは今年7月より「ショッピー24」サービスを開始した。1万点以上の商品が配送対象となっている。 

(星州日報、8月29日、マレー・メイル、ベルナマ通信、8月28日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。