ホーム > 社会・生活 > パキスタン国際空港、イスラマバードーKL線の直行便を就航

パキスタン国際空港、イスラマバードーKL線の直行便を就航

2019年09月18日 20:35 JST配信

パキスタン国際航空は17日、イスラマバードークアラルンプール(KL)間で直行便の運航を開始した。当面は週1回運航するが、10月からは週2回運航する。

使用機材はボーイング777ー200となる。プレミアムクラスが25席でエコノミークラスが282席。プレミアムクラスは45キログラム、エコノミークラスは35キログラムまで無料で荷物を預けることができる。

スケジュールはイスラマバード発が火曜日の2時30分、KL着が11時20分。KL発が火曜日の12時50分発、イスラマバード着が15時45分となる。

10月以降は月、金曜日に運航する。月曜日のスペジュールはイスラマバード発が2時30分、KL着が11時20分。KL発が12時50分発、イスラマバード着が15時45分となる。金曜日はイスラマバード発が2時10分、KL着が11時。KL発が12時50分発、イスラマバード着が15時45分となる。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。