ホーム > 社会・生活, 経済 > 安全運転者への保険料割引、来年1月1日より導入へ

安全運転者への保険料割引、来年1月1日より導入へ

2019年10月09日 22:27 JST配信

アンソニー・ローク運輸相は、安全運転を行なう運転手に対して保険料を割引する制度を来年1月1日から導入する方針を明らかにした。

新制度では、過去1年間に交通違反を犯していない運転手が対象で、保険金請求を行なわない場合に保険会社から得られるノー・クレーム・ボーナス(NCB)を増額し、保険料負担を削減するというもの。現在、割引メカニズムを策定するための最終段階にあるという。

実施に向けては警察と道路交通局(RTD)の情報とデータを統合する必要があり、更には保険会社の協力が必要になるため、マレーシア損害保険協会(PIAM)とも議論を続けている。

ローク運輸相は、交通法規を順守する動機付けとして役立つだけでなく、生活費削減にも役立つと指摘。事故が減れば保険会社にとってもメリットがあると述べた。

(星州日報、10月9日、ニュー・ストレーツ・タイムズ電子版、ベルナマ通信、10月8日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。