ホーム > 社会・生活, 経済, 統計・調査 > 破産者の25%は25ー34歳、30万人が破産状態に

破産者の25%は25ー34歳、30万人が破産状態に

2019年10月21日 19:11 JST配信

2015年1月から今年8月までの間に破産を宣告された個人のうち、年齢25ー34歳の層が25.3%(数で2万461人)を占めた。与党議員の質問に、リュー・ブイキョン法務担当首相府相が答弁した。

年齢層別で最も破産者が多いのは35-44歳で、35%(2万8,296人)を占めた。年齢25歳以下の破産者は0.6%(476人)だった。

現在破産状態にある個人は30万908人で、昨年の30万3,415人を下回った。リュー氏は「若者は潮流に流され、収入以上の買い物をしている」と説明した。

(ザ・サン、10月17日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。