ホーム > 政治・外交, 統計・調査 > 現政権の業績に満足は45.4%=UCSI世論調査

現政権の業績に満足は45.4%=UCSI世論調査

2019年10月31日 19:23 JST配信

UCSI大学世論調査センターが10月31日に発表した政治に関する最新意識によると、現・与党連合・希望同盟(PH)政権のパフォーマンスに「たいへん満足」または「満足」しているとの回答は45.4%にとどまった。

同調査は10月20—30日に男性428人、女性418人の合計846人に対して実施したもので、「不満」と「たいへん不満」は合計15.2%。「分からない」は39.4%だった。

また政治キャンペーンに参加したいという回答は18.9%にとどまり、「参加したくない」は50.8%に上った。38.9%は「分からない」と答えた。

マレーシアの外交政策については、85%が「特定の経済的利益に基づくべき」と回答。「そう思わない」は15%にとどまった。また回答者の90.5%が「国際的パワーと利益に基づくべき」と答え、「そう思わない」は9.5%にとどまった。

(中国報、エッジ、10月31日)

関連カテゴリ: 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。