ホーム > 政治・外交, 日本関係, ロングステイ > MM2Hの外国免許の書き換え、11月から再開

MM2Hの外国免許の書き換え、11月から再開

2019年11月04日 10:03 JST配信

道路交通局(JPJ)のシャハルディン・カリド局長は、11月1日付けで海外在住のマレーシア国民及び外国人の長期滞在を奨励する「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」プログラムに参加する外国人に限り、外国で取得した自動車運転免許証のマレーシアの運転免許証への書き換えを再び認めると発表した。

1年当たりの費用は一般の自動車免許証費用と同じく30リンギ。最初の2年は初心者扱いとして「Pライセンス」となる。対象は、1949年道路交通に関する条約(ジュネーブ交通条約)締約国、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、マレーシアと相互協定を締結した国——の自動車免許証を持つマレーシア国民とMM2H参加者で、それ以外の国の免許証の場合はマレーシアの交通法規に関する筆記試験を受ける必要がある。

なお書き換え手続きはJPJ本部及び各州支部でのみ受け付ける。MM2H参加者が規則違反を犯して参加資格を剥奪された場合、マレーシアの自動車免許も剥奪される。

(星州日報、11月1日)

関連カテゴリ: 政治・外交, 日本関係, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。