ホーム > 経済 > 上場企業の77%はシャリアに準拠、38社が新たに認定

上場企業の77%はシャリアに準拠、38社が新たに認定

2019年11月29日 19:13 JST配信

マレーシア証券員会(SC)は28日、マレーシア証券取引所に上場している901社のうち、シャリア(イスラム法)の条件を満たしているのは77%に当たる696社だと発表した。

SCは年2回、シャリアに準拠した企業であるかの審査を、当該企業が公表した財務諸表から判断している。

今回、シャリア準拠企業のリストに新たに含まれたのは、エアアジア・グループ、ケアリング・ファーマシー・グループ、ホンリョン・インダストリーズなど38社。

リストから外されたのは、アムコープ・プロパティーズ、IJMプランテーションズ、ペンタマスター、タンチョン・モーター・ホールディングス、めっき鋼板のYKGIホールディングス、ペラ公社など29社。

(ベルナマ通信、エッジ、11月29日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。