ホーム > 経済 > 来年は1米ドル=3.97ー4.3リンギに、IQIグローバル予想

来年は1米ドル=3.97ー4.3リンギに、IQIグローバル予想

2019年12月05日 20:47 JST配信

不動産管理・投資アドバイス会社、IQIグローバルのシャン・サイード主任エコノミストは、来年の為替相場は1米ドル=3.97ー4.3リンギでの安定的推移を予想している。過去7年間、為替相場を注視してきた結果、リンギは構造的に安定していることを発見したという。

多くの中央銀行は来年、景気後退の懸念を回避するため金利引き下げの傾向を強め、マレーシア中央銀行バンク・ネガラ(BNM)も政策金利を調整するとの見通しを示した。来年の国内政策金利は2.5ー3%を予想している。

シャン氏は「BNMには景気浮揚の手段がある。経済に刺激を与えるのは金融政策であり、財政政策は経済への影響が限定的だ。市場は効果的な政策をBNMに期待している」と述べた。

工業先進国の中央銀行が採用している金融の量的緩和について、シャン氏は「世界の金融市場における資産価格を異常に高め、ゆがめる結果になった」と批判した。

 (ベルナマ通信、12月4日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。