ホーム > 経済 > 来年のGDP増加率予想、RHB投資銀は4.3%を維持

来年のGDP増加率予想、RHB投資銀は4.3%を維持

2019年12月05日 20:50 JST配信

RHBインベストメント・バンクは来年の国内総生産(GDP)増加率について、4.3%との予想を維持した。米中貿易交渉の緊張は緩和の可能性があるものの、引き続き外需の足を引っ張ると予想される。

このため経済は内需依存を強めているが、複数のインフラ事業の再開による公共投資の増額が見込め、個人消費も強さを維持する見通しだという。

政府は開発支出を増やす方針を示しており、財政均衡のペースは遅くなる見通しだ。このため2020年の財政赤字は、当初目標の対GDP比3%ではなく、3.2%が予想されるという。

 経済の低成長を背景に、中央銀行バンク・ネガラ(BNM)は20年中に、翌日物政策金利を0.25ポイント引き下げる可能性が高いという。

(ベルナマ通信、12月4日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。