ホーム > 社会・生活, 経済 > 中国・深セン航空、深セン—ペナン直行便を運航開始

中国・深セン航空、深セン—ペナン直行便を運航開始

2019年12月20日 19:26 JST配信

中国・深セン航空が18日、深セン—ペナン直行便の運航を開始した。

月・水・金・土曜の週4便の運航で、スケジュールは深セン発が午後1時30分、ペナン着が午後5時5分着、ペナン発が午後6時5分、深セン着が午後10時10分となっている。

機材はボーイングB737-800型機を使用。ファーストクラスが8席、エコノミークラスが154席となっている。

深セン航空は中国5大航空会社の一つで、スターアライアンスのメンバー企業。保有機数は220機で、300路線を運航している。

(光華日報、星州日報、12月19日、新華社、12月18日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。