ホーム > 文化・芸能 > クールジャパンTV、インフルエンサーフェスをKLで開催

クールジャパンTV、インフルエンサーフェスをKLで開催

2020年02月13日 14:48 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 

アジア最大級のインフルエンサーネットワークによるインバウンドプロモーション事業を展開するクールジャパンTVグループ(本社・東京都渋谷区)は8日、クアラルンプール(KL)の複合商業施設「NEXUSバングサ・サウス」において、アジアソーシャルエンターテイメントの祭典「ソーシャルメディア・アントレプレナー・アワード2020」を開催した。

アジア各国の人気インフルエンサーとアジアのデジタルメディア業界のオピニオンリーダー2,500人を招いた。


 これまで、台湾において「クールジャパンTVアワード」「クールジャパンフェス(マイナビ共催)」など、インフルエンサーフェスを開催してきたが、今回は、マレーシア現地企業OEをパートナーとしてKLにて開催。アジア各国のインフルエンサーによる国境を超えた交流会、デジタルメディア業界のリーダーによるパネルディスカッション、人気アーティストによるライブパフォーマンス、日本舞踊家の孝藤右近プロデュースによる浴衣ファッションショーなど昼の部と夜の部に分けて行った。


 2019年に活躍したインフルエンサーとデジタルメディア起業家が表彰される「ソーシャルメディア・アントレプレナー・アワード」では、アジア各国のトップユーチューバーが表彰を受ける中、日本からは、国内女性ユーチューバーとしてはチャンネル登録者数1位の海外人気が高いことで知られる木下ゆうか氏が受賞。視聴者への感謝の思いと今後は食を通じて国際文化交流をして行きたいと述べた。

関連カテゴリ: 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。