ホーム > 政治・外交, 文化・芸能 > イスラム改宗者支援に4,300万リンギ=ジョホール州

イスラム改宗者支援に4,300万リンギ=ジョホール州

2012年06月25日 15:28 JST配信

【ジョホールバル】 ジョホール州政府は、イスラム改宗者を支援するために4,300万リンギの予算を割り当てた。同州宗教委員会のザイナル・アビディン議長が明らかにした。
イスラム改宗者のイスラム理解を深め、信仰を強化するのを目的に、週1回の宗教教育クラスの開講費用やイスラム暦新年、ムハンマド生誕日、ムハンマド昇天祭、ラマダン(断食月)の祝賀イベントにおける政府主催の活動に充てる。改宗者のモチベーションを高めるための訓練キャンプも行う。すでに7人の改宗者をケダ州やクランタン州の訓練センターに送ったという。
ジョホール州では2008年以降、3,853人がイスラムへの改宗を申請。うち805人が華人、683人がインド系、626人がイバン族、225人がカダザン族、175人がブダユ族、395人がその他の少数民族となっており、オラン・アスリ(先住民)も257人、外国人も687人に上っている。

ベルナマ通信、6月20日

関連カテゴリ: 政治・外交, 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。