ホーム > 日本関係 > 三遠南信地域の4市、KLで農産物のプロモーションを実施

三遠南信地域の4市、KLで農産物のプロモーションを実施

2020年02月21日 10:14 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 

三遠南信地域の4市(豊橋市、田原市、浜松市、飯田市)は連携して農産品をPRするプロモーションをクアラルンプール(KL)で実施する。

 三遠南信地域は、愛知県東部の東三河地域を「三」、静岡県西部の遠州地域を「遠」、長野県南部の南信州地域を「南信」とした、3県の県境にまたがる地域。

同地域の高品質で豊富な農産物を現地エンドユーザーやバイヤーへの認知定着を図るため、2月21日ー3月1日にかけてプロモーションと商品の販売を行う。豊橋市はさつまいも、高糖度ミニトマト、田原市はカリフラワー、浜松市はクラウンメロン、イチゴ(紅ほっぺ)、飯田市は市田柿を売り込む。

 プロモーションと販売を行うのは、「ビレッジ・グローサー・アトリア」、「ジャヤ・グローサー・エンパイヤ・スバン」。また「ビレッジ・グローサー・ギザ」、「ビレッジ・グローサー・エコチェラス」、「ジャヤ・グローサー・サンウェイ・ジオ」では商品の販売を行う。

関連カテゴリ: 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。