ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > 万引きに新手の手口、アルミホイル使いセンサーを無力化

万引きに新手の手口、アルミホイル使いセンサーを無力化

2012年07月26日 18:28 JST配信

【クアラルンプール】 アルミホイルを使って店舗の出入口に設置してある万引き防止センサーを無力化するという、新手の窃盗の手口が登場している。

「スターヒル・ギャラリー」の保安担当者は、怪しい行動をとった外国人とみられる女性2人と男性1人の買物客を追跡。3人が近くのカフェに入って商品を交換していたため、事情を聞こうと保安員が近づくといくつかのバッグを置いたまま逃走した。

バッグからは万引きされた23枚のパンツが出てきたが、バッグを調べると裏にはアルミホイルが縫い込まれているのが判明した。アルミホイルが商品につけられたスキミングタグと防犯センサーの間の信号受信を妨害し、警報ブザーが鳴らないようにしていたとみられる。

 

(ザ・スター、7月24日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。