ホーム > 観光・イベント > ペナン島発着の高速バスのチケット、段階的に電子化

ペナン島発着の高速バスのチケット、段階的に電子化

2012年01月23日 06:16 JST配信

【ペナン】 ペナン島発着の高速バスのチケットが、4月にも一部で電子化される見通しだ。スンガイ・ニボンのバスターミナルで中央制御システムを導入することに伴うもので、年内の完全実施を目指す。この程、同バスターミナルの運営を手掛けるアスピラシ・ウタラ・エンジニアリング(AUE)社が、ペナン市議会(MPPP)と覚書を取り交わした。
ペナン高速バス運行業者協会が、E-チケット・システム導入実績がないAUE社が手掛けるのはおかしいと批判していることについて同社のモハマド・ファイサル取締役は、既存のシステムを改良するだけであり、難しい問題もなく多額の費用がかかる訳でもないと説明。チケットのヤミ販売を防止することにも繋がり、利用客にとって便利になると強調した。

ザ・スター、1月14日

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。