ホーム > 三面・事件 > 犬をマンホールに投げ込む動画流出で非難囂々

犬をマンホールに投げ込む動画流出で非難囂々

2012年08月08日 18:15 JST配信

【ペタリンジャヤ】 2人の男がマンホールにペットの犬を投げ込んでいる動画がフェイスブックに流出、多くの人から残酷すぎると非難が集中している。

犬の飼い主は19歳のヨルダン人留学生で、1カ月間にわたってメス犬「カニラ」の世話を友人のソマリア人留学生に任せて一時帰国。その後、飼い主の元にソマリア人から「カニラが逃げた」というメールが届いたため悲しんでいたという。しかしマレーシアに戻った飼い主は、ルームメートからソマリア人ともう1人の人物が「カニラ」をマンホールに投げ込んでいる動画を見せられて仰天。「カニラ」逃げたのではなく殺されたことにようやく気付いた。ソマリア人がこのルームメートのパソコンを貸りてこの動画を含むファイルの作業を行ったが、使った後に問題の動画を消し忘れていたという。

問題の動画は通報を受けた動物愛護団体が啓蒙のために投稿したが、あっという間に多くの人が閲覧し怒りのコメントを書き込んだ。騒ぎに驚いたソマリア人は取材に対し「バカなことをしたと後悔している」と反省を示した上で、マンホールが別の出口につながっており「カニラ」は死んでおらずどこかに逃げたのだと強調。げんに自分たちがマンホールに入って調べたところ、死体は見つからなかったと主張している。なお「カニラ」の行方は今も分かっていない。

 

(ザ・スター、星洲日報、中国報、8月3、6日)

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。